フラワーギフトのサービスを利用しよう|嬉しくない人はいない

女の人

開店するにあたって

フラワー

新しく開店をするときには披露のパーテイーを行いお店の宣伝をすることが大切です。近隣の人も招待すればお客さんの獲得にもつながってきます。開店祝いに贈る品物は花束や、お酒などが無難です。装飾品を贈る場合は、相手側の好みに合わせたものを選ぶようにしましょう。

もっと読む

開店ギフトには胡蝶蘭を

蘭

開店祝いのギフトとして、胡蝶蘭はとても人気があります。華やかなだけではなく、香りや花粉の飛散がほとんどないことが喜ばれる理由です。贈る際には、添える木札の文字間違いに注意しましょう。ラッピングに赤い色を使うのも厳禁です。胡蝶蘭は安定した経営をイメージさせるので、開店祝いには最適なギフトです。

もっと読む

贈り物のいろいろ

箱

開店祝いを贈る際、家電製品がそうであるように、台所用雑貨、事務用雑貨も、重複しないようにすることが大事です。贈り物を購入する前に、先方に伝えて確認をとると間違いが起こりません。その際、店舗の広さを確かめるなどしておくと、祝いの品のサイズや色合いも選択しやすくなります。

もっと読む

お祝いに何を送るか

花束

業種に合った品

新しくお店を開いたり事業を始めるときには、開店する前に取引先や工事の関係者、親しい人を招待して披露パーテイーを開くのが通例になっています。披露の仕方は業種によって違ってきますが、招待の日を決めて招待客にお店を見ていただき酒食の席を設けてもてなす場合と、招待客の都合に合わせて来訪していただく場合があります。一般的に開店祝いには景気づけの縁起物、もしくは実用品のいずれかを贈るとされています。花輪やダルマ、招きねこなどの縁起物は取引先や工事関係者から贈る場合が多くなっています。個人的な開店祝いの場合はお店の雰囲気や事業の内容に合わせた実用品を贈る人が多くなっています。ありきたりのものを開店祝いとして贈るよりも、業種に合った品を選ぶことが大切です。

お店のPRをしてあげる

掛け時計や食器類、傘立てや観葉植物など、また披露パーテイ用のお酒や軽食、デザートなども人気になっています。また親しい間柄であれば、必要なものを聞いてから用意しても差しさわりはありません。迷った時は花か、現金を贈るのが無難になっています。開店祝いの時は目上の人に現金を贈っても失礼にならないとされています。ライターや灰皿など火を連想させる贈り物はタブーになっていますので注意をしてください。もし開店祝いに何を贈ればよいか決められないようであれば、何が欲しいか、何をもらうと嬉しいかなど本人に訊いてみるのも一つの手です。これなら相の好みにも合わせやすいので、確実に手に喜んでもらえるでしょう。

サービスがたくさん

お店の開店祝いにお花を送りたいならフラワーギフトを利用するといいでしょう。綺麗にラッピングしてくれて、渡したい相手の住所を伝えるとそこまでフラワーギフトを届けてくれるサービスもあるので便利です。